teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 45Kについて語るスレ?(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: juki LZ-271

 投稿者:横振り初心者  投稿日:2021年 6月15日(火)11時20分23秒
返信・引用
  45Kさんへのお返事です。
ありがとうございました。何か基本的なものがあるのかと思いましたが、、、まずはやってみます

> > この度横振り刺繍ミシンを購入しました。横振り刺繍ミシンを使われている方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。まず上糸、下糸はどのような糸を使えばいいですか?あと練習するにあたり、良い練習方法等ありますか?
>
> 使用糸はパールヨットのサイト辺りに紹介されているので参考にされてはいかがでしょうか。
> 横振りの練習は特にどうこうというより反復でやるくらいしかないかと。。。
>
 
 

Re: JUKI DSU142上糸切れ

 投稿者:ケンケン  投稿日:2021年 6月14日(月)16時55分3秒
返信・引用
  45Kさんへのお返事です。

> 直ってよかったです。
> 表現しにくいですが、下停止の時にピタッと止まらず弾み車がビミョーに正転逆転していないですかね?釜が掬った後にわずかでも逆転してしまうと糸がビミョーにたるんで次正転を始めた時に釜に食い込むことがあります。。案外そんな理由だったかもしれませんね。

はい、まさにそんな感じです。お騒がせしてすみませんでした。針棒のセット方法は目から鱗で勉強になりました、ありがとうございました。
次は突如動かなくなったサーボモーターに挑戦します。
 

Re: juki LZ-271

 投稿者:45K  投稿日:2021年 6月14日(月)12時22分31秒
返信・引用
  > No.2194[元記事へ]

> この度横振り刺繍ミシンを購入しました。横振り刺繍ミシンを使われている方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。まず上糸、下糸はどのような糸を使えばいいですか?あと練習するにあたり、良い練習方法等ありますか?

使用糸はパールヨットのサイト辺りに紹介されているので参考にされてはいかがでしょうか。
横振りの練習は特にどうこうというより反復でやるくらいしかないかと。。。

https://pearl-yacht.jp/product_category/bobbin-thread/

 

juki LZ-271

 投稿者:横振り初心者  投稿日:2021年 6月14日(月)10時24分41秒
返信・引用
  この度横振り刺繍ミシンを購入しました。横振り刺繍ミシンを使われている方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。まず上糸、下糸はどのような糸を使えばいいですか?あと練習するにあたり、良い練習方法等ありますか?  

Re: JUKI DSU142上糸切れ

 投稿者:45K  投稿日:2021年 6月14日(月)07時29分15秒
返信・引用
  > No.2192[元記事へ]

> 連投すみません。
> 先ほど検知器で針の停止位置を変えたら症状がピタリと止みました。
> 先ほどの画像よりもかなり手前、剣先が針を通過して数ミリくらいで止まるようにしました。
>

直ってよかったです。
表現しにくいですが、下停止の時にピタッと止まらず弾み車がビミョーに正転逆転していないですかね?釜が掬った後にわずかでも逆転してしまうと糸がビミョーにたるんで次正転を始めた時に釜に食い込むことがあります。。案外そんな理由だったかもしれませんね。
 

Re: JUKI DSU142上糸切れ

 投稿者:ケンケン  投稿日:2021年 6月13日(日)13時56分28秒
返信・引用
  45Kさんへのお返事です。

連投すみません。
先ほど検知器で針の停止位置を変えたら症状がピタリと止みました。
先ほどの画像よりもかなり手前、剣先が針を通過して数ミリくらいで止まるようにしました。

思い返せば検知器のトリセツで「針が上がって糸が抜けたところ」で合わせるように書いてあったので(完全に抜けたのを確信できるくらい)ゆとりをもって少し進んだ場所でセットしたのを記憶しています。
結果、下で止まる時も半端に進みすぎて止まっており前回の写真のようになったのではないかと考えています。

もしこれが原因だとすると、プーリーの回転は「どこで止めても縫いにほとんど影響無い」と思い込んでいたのが間違いでした。未熟な自分に呆れるばかりです…

しばらくコレで様子を見てみようかと思いますが、他に何か原因がありそうでしたらご指摘頂ければ幸いです。
 

Re: JUKI DSU142上糸切れ

 投稿者:ケンケン  投稿日:2021年 6月13日(日)12時21分35秒
返信・引用
  45Kさんへのお返事です。

> コクセンがあてにならない場合、添付図のように針棒抱きの高さを測って合わせることができます。
> 針棒抱きとミシンのあご部下端をノギスで測り、針棒の最下点から2.4mm上がった位置にします。
> そこでいったん弾み車とミシンフレームに目安をマーキングします。
> 釜の剣先が針中心に一致するように合わせます。
> その状態で針穴と剣先高さ1.5MMをあわせます。
> フレームのマーキングで2.4mmの位置は再現できるので、何かあった場合はまずそこが狂っていないかで確認します。
> 針のみぞ側の糸の倒れこみなら2.4MMの値が大きくなっていて釜が掬うのが遅くなっていると発生しやすいと思います。。(そういう意味では2.4mmは若干早くて2.2MM程度でもよさげな気がします。)
>
>

分かりやすい解説ありがとうございます。
このやり方で試した結果、コクセンと同じ高さでした。また、職場の物とも比較しましたが、針棒は異常無しです。

釜内での糸の挙動を注意深く見ていたら、直接的な原因と思われる現象を確認しました。
どうやら釜レースで噛み切ってる感じです(写真1)掛かってはいけない部分に上糸が引っかかり、たまたま切れなかった時の写真が撮れました。これは手回しで確認しました。

続いて写真2と3はひと目ずつ踏んで針が下がってる状態のもの。
毎回糸のたるみ具合が異なっており、釜レースの本来掛かるべき場所に掛かってくれない時があり、その時に切れているのだと思います。
また、いずれの場合でも溝側の糸は掬っていないハズですが、今後も注意して見てみます。

モーターは三菱の古いのが着いていたのですが、使い始めてすぐに動かなくなり、安い中国サーボモーターに変えました。三脚使って全く同じ角度からの写真ですが、剣先の位置が異なっています。検知器の設定も悪いのでしょうか。。。
 

Re: JUKI DSU142上糸切れ

 投稿者:45K  投稿日:2021年 6月10日(木)12時29分50秒
返信・引用
  > No.2189[元記事へ]

> すみません、こちらは未検証ですが注意して見てみます。
> ちなみにコレは、剣先が接するタイミングで糸が余り過ぎている可能性があるということでしょうか?その部分の糸の挙動は素材や針板があると見えないので…やり方を考えます。
>
> まずはコクセン無視で自分のカンで釜合わせしてみます。
> その上で今週末、職場から今度は針棒を借りてきて検証します。

コクセンがあてにならない場合、添付図のように針棒抱きの高さを測って合わせることができます。
針棒抱きとミシンのあご部下端をノギスで測り、針棒の最下点から2.4mm上がった位置にします。
そこでいったん弾み車とミシンフレームに目安をマーキングします。
釜の剣先が針中心に一致するように合わせます。
その状態で針穴と剣先高さ1.5MMをあわせます。
フレームのマーキングで2.4mmの位置は再現できるので、何かあった場合はまずそこが狂っていないかで確認します。
針のみぞ側の糸の倒れこみなら2.4MMの値が大きくなっていて釜が掬うのが遅くなっていると発生しやすいと思います。。(そういう意味では2.4mmは若干早くて2.2MM程度でもよさげな気がします。)

 

Re: JUKI DSU142上糸切れ

 投稿者:ケンケン  投稿日:2021年 6月10日(木)08時26分28秒
返信・引用
  45kさんへのお返事です。

> 切れた状態の写真見ると釜タイミング加減で釜が針糸を掬うとき、余って倒れてきた針の溝がわの糸を掬っているのではないかというふうにも見えます。。釜合わせは針棒コクセン基準でやられていますか?中古機械は適当な針棒に交換されている場合があり、コクセンはあてにならない場合があります。如何ですか?
>

釜合わせはコクセン基準でやっています、恥ずかしながら針棒はまったく疑っていませんでした。
針棒を外してみましたが、これがテキトーだか適切だか判別出来ませんでした。部品番号などの打刻は無いです。

>溝側の糸を掬っている…
すみません、こちらは未検証ですが注意して見てみます。
ちなみにコレは、剣先が接するタイミングで糸が余り過ぎている可能性があるということでしょうか?その部分の糸の挙動は素材や針板があると見えないので…やり方を考えます。

まずはコクセン無視で自分のカンで釜合わせしてみます。
その上で今週末、職場から今度は針棒を借りてきて検証します。
 

Re: JUKI DSU142上糸切れ

 投稿者:45k  投稿日:2021年 6月 9日(水)12時40分1秒
返信・引用
  > 画像は先ほど釜カバーを外して縫った時のものです。
> ふた目ほど個別に踏んだ後、最遅(400回転)で数目縫って切れました。1000回転くらいでも同じ感じです。
>

切れた状態の写真見ると釜タイミング加減で釜が針糸を掬うとき、余って倒れてきた針の溝がわの糸を掬っているのではないかというふうにも見えます。。釜合わせは針棒コクセン基準でやられていますか?中古機械は適当な針棒に交換されている場合があり、コクセンはあてにならない場合があります。如何ですか?
 

Re: JUKI DSU142上糸切れ

 投稿者:ケンケン  投稿日:2021年 6月 8日(火)22時13分26秒
返信・引用
  45kさんへのお返事です。

> ちょっと危ないですけれど、釜カバー外したままで縫っても同じですかね?
> 切れるときバキバキ音してますかね?
> ミシン回転数は早くても遅くても切れるんですかね??
>

お返事ありがとうございます。
・釜カバー外して縫っても同じ症状でした。
・縫えてる時と切れた時の音に大きな差は感じられません。(糸が切れたなぁ~、という音はなんとなく聞こえます笑)
・回転数による検証は自信ないです。ガチャ、ガチャ、とひと目ずつ踏んでる時、少し時間の間隔を空けたりすると次のひと踏みで切れる印象です。一方で手回しだと切れない(ただしこれは絶対的に試行回数が少ない)です。ごく稀に踏みっぱなしでもある程度縫える時もあり、途方に暮れています。
画像は先ほど釜カバーを外して縫った時のものです。
ふた目ほど個別に踏んだ後、最遅(400回転)で数目縫って切れました。1000回転くらいでも同じ感じです。

因みに画像内、素材に押さえ痕が多い部分はヤケになって針板を外して縫ってみたところです。皮肉にもこの時はどんな踏み方をしても上糸が切れませんでした。
 

Re: JUKI DSU142上糸切れ

 投稿者:45k  投稿日:2021年 6月 8日(火)20時00分18秒
返信・引用
  > No.2185[元記事へ]

>
> 調子が良いとは言え、新品でもない部品交換で釜周辺が原因ではないと判断するのもどうかと思いますが、次はどこを見るべきでしょうか?
>
> また、上軸周りはバラした事がないのですが挑戦してみたく、参考になる本などの情報が少しでもあるなら励みになります。
>
> 尚、職場から持ってきた釜と針板と針板台は元のミシンに組み直し、問題なく縫えています。
>
> 画像は糸が切れた後、針を上げた状態と、素材側に残った糸です。
> 素材の裏側に上糸が数センチ出ている状態で切れています。

ちょっと危ないですけれど、釜カバー外したままで縫っても同じですかね?
切れるときバキバキ音してますかね?
ミシン回転数は早くても遅くても切れるんですかね??
 

JUKI DSU142上糸切れ

 投稿者:ケンケン  投稿日:2021年 6月 7日(月)13時33分53秒
返信・引用
  はじめまして、たまに拝見し勉強させてもらっています。

すみません、どなたか教えてください。
しばらく使用されていなかった古いDSU142を入手し、使えるようにしたいのですが上糸が切れてどうしようもないです。

職場でも同じ142を使っており、そちらは好調なので、何とか自宅でも同じ環境にしたいです。

糸道は綺麗にし、ノープローで調子を見ることも出来ます。
上糸をユルユルにしてもキツキツにしても切れます。

切れる場所はたぶん釜の中、天秤が跳ね上がるタイミングで切れている感じです。
手回しでは糸が切れるほどの症状が再現出来ませんが、釜から糸が抜ける時にガリっとした手応えがあり、そこで糸を傷めているのではないかと思っています。

目視では針板がずいぶん消耗していたのですが、まず釜を疑いました。
開けてみると他の箇所と比べて釜は新品に近い状態で傷も見受けられなかったですが、針から離れ過ぎて合ってませんでした。
分解清掃後、マニュアル規定値で組み直すも効果なし。
仕方なく、職場の調子良い142から針板・針板台・釜を持ってきて全パターンで組み換えを試してみたのですが同じ症状です。

調子が良いとは言え、新品でもない部品交換で釜周辺が原因ではないと判断するのもどうかと思いますが、次はどこを見るべきでしょうか?

また、上軸周りはバラした事がないのですが挑戦してみたく、参考になる本などの情報が少しでもあるなら励みになります。

尚、職場から持ってきた釜と針板と針板台は元のミシンに組み直し、問題なく縫えています。

画像は糸が切れた後、針を上げた状態と、素材側に残った糸です。
素材の裏側に上糸が数センチ出ている状態で切れています。

素材はヌメ豚床2枚で約2ミリ厚、20番のビニモとDP17LRの16番です。

また入手した142は職場とは違うところからで、個体の信頼度は低いです。

どうかよろしくお願いします。
 

Re: 革のめくれ

 投稿者:ハチ  投稿日:2021年 5月24日(月)11時45分14秒
返信・引用
  kazuhixさんへのお返事です。

> ハチさんへのお返事です。
>
> 車輪は触ったことありませんが、わたしなら
> ・針落ち位置より押さえを後ろに調整できたりするのであれば試してみると思います。

ありがとうございます。
これは考えたことすらなく、
自分にとっては新発想でした。
さっそく試してみましたが、
調整代(と呼べるのか?)が1ミリ程度しかなく、
残念ながら大きな変化はありませんでした。


> ・下の革のヘリ漉きが斜めなので上面も斜めになるのではないでしょうか。

これは無関係ではなく、おっしゃるとおりです。
しかし、赤い革での試し縫いは、下に革がないにもかかわらずなので、
これだけが原因でもなさそうです。



45kさんへのお返事です。

> こういった場合ローラー押えは縫い目を押さえないので不利だと思います。加えて針板がラウンドなんで一層厳しいかと。
>
> 平ベットで普通の自由押さえで、送りも複列のものでしっかり縫い目周辺を押さえてみてはいかがかと。。


度々ありがとうございます。
革によっては普通に縫えますので、
つまるところ革とミシンの相性といいますか、
単にミシンの力に革が負けているだけのような気がしてきました。
そう結論づけるには、論拠がかなり弱いですが、
今後の課題として、また発見がありましたらご報告させていただきます。

お騒がせして申し訳ありません。
ありがとうございました。
 

Re: SEIKO LSC-8BV 互換パーツ

 投稿者:腕ミシン大好き  投稿日:2021年 5月21日(金)08時24分14秒
返信・引用
  45Kさんへのお返事です。
ありがとうございます。探してみます!
> 腕ミシン大好きさんへのお返事です。
>
> > 45kさんへのお返事です。
> > ご丁寧にありがとうございます。jukiとの押さえが互換性があるとのことですが、具体的機種はわかりますか?
> >
>
> DSC245/246あたりです。
>
> 市販の準互換品で↓みたいなのもありますね。
 

Re: SEIKO LSC-8BV 互換パーツ

 投稿者:45K  投稿日:2021年 5月21日(金)07時28分39秒
返信・引用
  腕ミシン大好きさんへのお返事です。

> 45kさんへのお返事です。
> ご丁寧にありがとうございます。jukiとの押さえが互換性があるとのことですが、具体的機種はわかりますか?
>

DSC245/246あたりです。

市販の準互換品で↓みたいなのもありますね。

http://www.ant-zanbi.jp/file/13/sogo10.pdf

 

Re: 三菱 LS2-1130 自動給油について

 投稿者:komot77  投稿日:2021年 5月21日(金)05時39分50秒
返信・引用
  45Kさんへのお返事です。

> > モーターを少し前に、250W 4POLEに変えて、回転数が1400rpm程度になりました。
> >
> > モーターの回転数が低いから、油を吸い上げなくなったのでしょうか?
>
>
> 千四百回転くらいでは油覗き窓に油が飛ぶことは無いと思いますよ。下送りの平ベッド自動給油ミシンは元々五千回転くらいで運転される前提で作られていて、高速で油が十分回るようになっています。たとえばLY23750は最高回転数低いので、それでも油が回るようにポンプ変えています。数年間使っていればなじみも出ていて、簡単には焼き付かないですが、全く油が切れる可能性もあるので、面倒ですが
> 時々油差しなどで各部に注油した方が無難です。
>

ご返信、ありがとうございます。
原因がわかり、安心しました。使用する前に注油してから使用して様子を見てみます。
 

Re: SEIKO LSC-8BV 互換パーツ

 投稿者:腕ミシン大好き  投稿日:2021年 5月20日(木)20時52分13秒
返信・引用
  45kさんへのお返事です。
ご丁寧にありがとうございます。jukiとの押さえが互換性があるとのことですが、具体的機種はわかりますか?

> 腕ミシン大好きさんへのお返事です。
>
> > 皆様お世話になります。LSC-8BVを所有しておりますが、針板や押さえで丸手押さえで互換性のある物はありますか?例えばパフの〇〇とかjuki〇〇用とかで、juki用の丸手押さえは販売されているようですが、LSC-8BV用は見かけないのです。
>
> 押さえはJUKIと互換性ありますが針板は無いですね。丸手押さえ系は国内での流通はあまり多くないのでどうしてもというなら海外から引くことも視野に入れないと厳しいかも・・・
 

Re: 三菱 LS2-1130 自動給油について

 投稿者:45K  投稿日:2021年 5月20日(木)05時05分46秒
返信・引用
  > モーターを少し前に、250W 4POLEに変えて、回転数が1400rpm程度になりました。
>
> モーターの回転数が低いから、油を吸い上げなくなったのでしょうか?


千四百回転くらいでは油覗き窓に油が飛ぶことは無いと思いますよ。下送りの平ベッド自動給油ミシンは元々五千回転くらいで運転される前提で作られていて、高速で油が十分回るようになっています。たとえばLY23750は最高回転数低いので、それでも油が回るようにポンプ変えています。数年間使っていればなじみも出ていて、簡単には焼き付かないですが、全く油が切れる可能性もあるので、面倒ですが
時々油差しなどで各部に注油した方が無難です。
 

Re: 三菱 LS2-1130 自動給油について

 投稿者:komot77  投稿日:2021年 5月19日(水)21時48分41秒
返信・引用
  45kさんへのお返事です。

> komot77さんへのお返事です。
>
> > 5年ほど前から使用していむ三菱製LS2-1130について教えてください。
> >
> > 先日、オイル交換をして、低速で回していましたが、油窓にオイルが飛散しない事に気が付きました。
> >
> > 低速、高速で回した後、油窓を外して中身を見ましたが、油分はありませんでした。
> >
> > 吸い込み部分をバラして、羽を確認しましたが、問題はなく、プーリーを回すと羽も回転しています。
> >
> > 考えられる原因がありましたら教えてください。
> >
> > よろしくお願いいたします。
> >
> >
> >
>
> ・オイルの粘度が違うのでポンプが吸い上げない。
> ・上軸にある油飛散させる用の穴が詰まった。
> ・そもそもオイルパンに入っている油量が少ない(LOWレベル以下)
> ・粘度の違う油を使用したために従来より高速(4000回転)とかじゃないと飛散しなくなっている
>
> とか、、いといろ考えられます。
> ポンプから上がっているパイプを外して、油さしで強制的に油を送って上軸の穴から出てくるようなら詰まってはいないので、ほかの理由とおもいます。
>
>
>
>

ご返信、ありがとうございます。

使用したオイルですが、オザワ工業のSFオイルになり、
油量もHiの手前くらいまで入れてます。

先程、給油部分をバラし、目詰まりもありませんでした。

モーターを少し前に、250W 4POLEに変えて、回転数が1400rpm程度になりました。

モーターの回転数が低いから、油を吸い上げなくなったのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
 

Re: 三菱 LS2-1130 自動給油について

 投稿者:45k  投稿日:2021年 5月19日(水)21時04分43秒
返信・引用
  > No.2174[元記事へ]

komot77さんへのお返事です。

> 5年ほど前から使用していむ三菱製LS2-1130について教えてください。
>
> 先日、オイル交換をして、低速で回していましたが、油窓にオイルが飛散しない事に気が付きました。
>
> 低速、高速で回した後、油窓を外して中身を見ましたが、油分はありませんでした。
>
> 吸い込み部分をバラして、羽を確認しましたが、問題はなく、プーリーを回すと羽も回転しています。
>
> 考えられる原因がありましたら教えてください。
>
> よろしくお願いいたします。
>
>
>

・オイルの粘度が違うのでポンプが吸い上げない。
・上軸にある油飛散させる用の穴が詰まった。
・そもそもオイルパンに入っている油量が少ない(LOWレベル以下)
・粘度の違う油を使用したために従来より高速(4000回転)とかじゃないと飛散しなくなっている

とか、、いといろ考えられます。
ポンプから上がっているパイプを外して、油さしで強制的に油を送って上軸の穴から出てくるようなら詰まってはいないので、ほかの理由とおもいます。



 

Re: SEIKO LSC-8BV 互換パーツ

 投稿者:45k  投稿日:2021年 5月19日(水)20時57分49秒
返信・引用
  > No.2173[元記事へ]

腕ミシン大好きさんへのお返事です。

> 皆様お世話になります。LSC-8BVを所有しておりますが、針板や押さえで丸手押さえで互換性のある物はありますか?例えばパフの〇〇とかjuki〇〇用とかで、juki用の丸手押さえは販売されているようですが、LSC-8BV用は見かけないのです。

押さえはJUKIと互換性ありますが針板は無いですね。丸手押さえ系は国内での流通はあまり多くないのでどうしてもというなら海外から引くことも視野に入れないと厳しいかも・・・
 

Re: 革のめくれ

 投稿者:45k  投稿日:2021年 5月19日(水)20時52分2秒
返信・引用
  > No.2172[元記事へ]

> >
> > もしかしたら、ローラー押さえの限界なのでしょうかねぇ?
> > 今後の課題としてもう少し研究してみようかと思います。
> > ありがとうございました。
> >
> > *今回は現象を確認しやすいよう、
> > よりフカフカなシープを使っています。

こういった場合ローラー押えは縫い目を押さえないので不利だと思います。加えて針板がラウンドなんで一層厳しいかと。

平ベットで普通の自由押さえで、送りも複列のものでしっかり縫い目周辺を押さえてみてはいかがかと。。
 

三菱 LS2-1130 自動給油について

 投稿者:komot77  投稿日:2021年 5月19日(水)05時26分41秒
返信・引用
  5年ほど前から使用していむ三菱製LS2-1130について教えてください。

先日、オイル交換をして、低速で回していましたが、油窓にオイルが飛散しない事に気が付きました。

低速、高速で回した後、油窓を外して中身を見ましたが、油分はありませんでした。

吸い込み部分をバラして、羽を確認しましたが、問題はなく、プーリーを回すと羽も回転しています。

考えられる原因がありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。


 

SEIKO LSC-8BV 互換パーツ

 投稿者:腕ミシン大好き  投稿日:2021年 5月19日(水)03時12分23秒
返信・引用
  皆様お世話になります。LSC-8BVを所有しておりますが、針板や押さえで丸手押さえで互換性のある物はありますか?例えばパフの〇〇とかjuki〇〇用とかで、juki用の丸手押さえは販売されているようですが、LSC-8BV用は見かけないのです。  

Re: 革のめくれ

 投稿者:kazuhix  投稿日:2021年 5月18日(火)16時12分37秒
返信・引用
  > No.2170[元記事へ]

ハチさんへのお返事です。

車輪は触ったことありませんが、わたしなら
・針落ち位置より押さえを後ろに調整できたりするのであれば試してみると思います。
・下の革のヘリ漉きが斜めなので上面も斜めになるのではないでしょうか。漉きカスを漉き面に仮付けしたりなどで水平を出して縫ってみるのは面倒ですね。
糸が針を巻いてるのは、問題とは関係ないですね。

> 45kさんへのお返事です。
>
> > > 傾向として、柔らかい革ほど発生しやすいようです。
> > >
> > > 行き詰まってしまいました。
> > > なにか対策をご存知の方おられましたら、アドバイスいただけましたら幸いです。
> > > どうぞご教授よろしくお願いいたします。
> > >
> > > 使用革:クロムなめしカーフ(1mm厚)
> > > ミシン:18種(セイコーTF)
> > > 針11番、糸上下とも30番
> > > 革Bの先端は斜めに漉いています。
> >
> > 多分ミシンがどうのというより縫う以上ちょっとしょうがないのかなと。
> > 原因は柔らかいものほど発生しやすいという事から添付の図のような現象かと思います。
> > たとえばスポンジ二枚縫い合わせたらどうなるかをイメージしていただければ良いかと思います。めくれるというよりは素材の収縮によってそう見えるということではないかと・・・
>
> 45k様
> ご返信ありがとうございました。
> スポンジの例えは秀逸で、まさにそんな感じでした。
> なので押さえを弱くしたりと色々試してはみたのですが、
> それはあまり関係なかったようで、解決にはいまだ至らずです。
>
>
> 手で回しゆっくり確認してみたのですが、
> どうやら上側に引かれる糸と一緒に、
> 革が持ち上がるような動きを見せました。
>
> 画像は針が降りてくる場面ですが、
> 同時に、一つ前に縫った糸が上に引かれているところでもあります。
> その状態のまま針が降りてくるので、革が持ち上がったまま縫ってしまいます。
> (縫う前と後で、革の断面の見え方が違うのを、見て取れるかと思います。)
>
> もしかしたら、ローラー押さえの限界なのでしょうかねぇ?
> 今後の課題としてもう少し研究してみようかと思います。
> ありがとうございました。
>
> *今回は現象を確認しやすいよう、
> よりフカフカなシープを使っています。
 

Re: 革のめくれ

 投稿者:ハチ  投稿日:2021年 5月17日(月)15時54分33秒
返信・引用
  > No.2169[元記事へ]

191Uさんへのお返事です。

> ハチさんへのお返事です。
> > 革ABを縫い合わせる際に、時折図の右側のように、Aの先端がめくれてしまうことがあり、どうしたものかと悩んでおります。
> > なにか対策をご存知の方おられましたら、アドバイスいただけましたら幸いです。
>
> >Aの裏に漉き入れて縁を返しておけば良いかと…

ありがとうございます。
それも早い段階で試していたのですが、
あまり効果がありませんでした。
 

Re: 革のめくれ

 投稿者:ハチ  投稿日:2021年 5月17日(月)15時52分9秒
返信・引用
  > No.2168[元記事へ]

45kさんへのお返事です。

> > 傾向として、柔らかい革ほど発生しやすいようです。
> >
> > 行き詰まってしまいました。
> > なにか対策をご存知の方おられましたら、アドバイスいただけましたら幸いです。
> > どうぞご教授よろしくお願いいたします。
> >
> > 使用革:クロムなめしカーフ(1mm厚)
> > ミシン:18種(セイコーTF)
> > 針11番、糸上下とも30番
> > 革Bの先端は斜めに漉いています。
>
> 多分ミシンがどうのというより縫う以上ちょっとしょうがないのかなと。
> 原因は柔らかいものほど発生しやすいという事から添付の図のような現象かと思います。
> たとえばスポンジ二枚縫い合わせたらどうなるかをイメージしていただければ良いかと思います。めくれるというよりは素材の収縮によってそう見えるということではないかと・・・

45k様
ご返信ありがとうございました。
スポンジの例えは秀逸で、まさにそんな感じでした。
なので押さえを弱くしたりと色々試してはみたのですが、
それはあまり関係なかったようで、解決にはいまだ至らずです。


手で回しゆっくり確認してみたのですが、
どうやら上側に引かれる糸と一緒に、
革が持ち上がるような動きを見せました。

画像は針が降りてくる場面ですが、
同時に、一つ前に縫った糸が上に引かれているところでもあります。
その状態のまま針が降りてくるので、革が持ち上がったまま縫ってしまいます。
(縫う前と後で、革の断面の見え方が違うのを、見て取れるかと思います。)

もしかしたら、ローラー押さえの限界なのでしょうかねぇ?
今後の課題としてもう少し研究してみようかと思います。
ありがとうございました。

*今回は現象を確認しやすいよう、
よりフカフカなシープを使っています。
 

Re: 革のめくれ

 投稿者:191U  投稿日:2021年 5月13日(木)18時38分6秒
返信・引用
  ハチさんへのお返事です。
> 革ABを縫い合わせる際に、時折図の右側のように、Aの先端がめくれてしまうことがあり、どうしたものかと悩んでおります。
> なにか対策をご存知の方おられましたら、アドバイスいただけましたら幸いです。

>Aの裏に漉き入れて縁を返しておけば良いかと…
 

Re: 革のめくれ

 投稿者:45k  投稿日:2021年 5月13日(木)07時58分55秒
返信・引用
  > No.2167[元記事へ]

> 傾向として、柔らかい革ほど発生しやすいようです。
>
> 行き詰まってしまいました。
> なにか対策をご存知の方おられましたら、アドバイスいただけましたら幸いです。
> どうぞご教授よろしくお願いいたします。
>
> 使用革:クロムなめしカーフ(1mm厚)
> ミシン:18種(セイコーTF)
> 針11番、糸上下とも30番
> 革Bの先端は斜めに漉いています。

多分ミシンがどうのというより縫う以上ちょっとしょうがないのかなと。
原因は柔らかいものほど発生しやすいという事から添付の図のような現象かと思います。
たとえばスポンジ二枚縫い合わせたらどうなるかをイメージしていただければ良いかと思います。めくれるというよりは素材の収縮によってそう見えるということではないかと・・・
 

レンタル掲示板
/67