teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


秋大会について・選手へのメッセージ

 投稿者:佐藤大樹  投稿日:2017年11月14日(火)23時27分26秒
  東北学生将棋大会の結果は準優勝となりました。春秋連覇という目標が達成できなかったのは非常に残念ですが、結果は結果として真摯に受け止めたいと思います。また、選手の皆さんはよく頑張ってくれたと思います。観ていたり一緒にチームとして対局していたとき、皆の勝利への執念、勝ちたい、負けられないという思いはひしひしと感じておりました。私はこのチームの全員に感謝しています。本当にありがとうございました。

では、選手(など)の皆さんへのメッセージを記したいと思います。



大将 金田亘平 2-2
悪い将棋を粘って長手数の末逆転したり、相手の攻め駒を根絶やしにするなど金田さんらしい将棋で白星をもぎ取っていました。春大で当て馬要員扱いだったところから富士通・秋大では主力格となったところは素直に感心しております。また、元主将としてオーダー決めに関しても不甲斐ない現主将へ大いに助言してくださるなど、数字には表せない貢献をしてくださりました。本当にありがとうございました。また、今回で最後の学生将棋ということとなりました。四年間お疲れ様でした。

副将 佐藤晃一 0-2
富士通などの経験を経て将棋が強くなっていると伝え聞いていたので複数回にわたり起用させていただきました。また前主将としてオーダーに関して多くの助言(指導?)をいただきました。晃一さんの目には現主将がどのように写ったのかは分かりませんが、主将としての実績と実力が伴った前任に並べるように尽力していきたいです。

三将 木村友一郎 3-1
木村さんにはチームの主力の柱としての役割を担っていただきました。東北戦での負けを相当悔やんで責任を感じておられたようですが、ここ二年の春大や富士通での奮闘ぶりを見ていた身からするとこの一つの負けをもって責める気にはとてもなれません。むしろ木村さんで駄目なら諦めもつくというところです。次こそは期待しています。これからも将棋を教えてください。ありがとうございました。

四将 小野寺周平 2-1
東北戦での勝利はお見事でした。また小野寺さんには大会前、大会中、大会後といろいろと率直な意見を言っていただけることで精神的に助けられたと感じていましたし、素晴らしい先輩だと思いました。東北戦は小野寺さんの勝ちを生かせずすみません、そしてありがとうございました。今回が最後の学生将棋でしたということで、四年間お疲れ様でした。追記、次の対局に出てくださいといった直後にやっぱり出なくていいですとなるというポカをやらかしたのは本当に申し訳ないと思っていますごめんなさい。

五将 佐々木優輔 0-0
戦略の都合上選手としての出番はありませんでしたが、戦型・オーダーチェックなどの裏方の仕事をこなしてもらいました。本当に助かりました。ありがとうございます。あと、次期の理事兼主将になりそうとのことですね。大変だとは思いますが頑張ってほしいです。私・佐々木で山大将棋部の権力の中枢の座を米沢に定着させるという感じにしていきたいですね(笑)。

六将 土屋辰徳 3-1
長きにわたり山形大学将棋部の主力・精神的な柱として支えてくださりました。今の山大将棋部も、富士通杯出場も土屋さんが居なければ無かったものと思います。今大会の東北戦では相手のエース格と当たってもらいましたが、私としては土屋さんと心中する覚悟でいました。土屋さんで負けたら仕方がない、そんな感じでした。また、最後の学生将棋の団体戦で全国に行けなかったのは本当に残念ですし、その力になれなかったことが申し訳ないです。過去の大会で奮闘する姿を見て心にくるところは多々ありました。その背中にはどれだけのものを背負われていたのか、私の想像を超えるものがあったのだろうとお察しします。どれだけやれるかわかりませんが、その志をこれから引き継いでいきます。本当に、ありがとうございました。

七将 佐藤大樹 1-0
団体戦には一度だけしか出場しませんでした。諸々のチーム全体の都合も勿論あったとはいえ、七人制でこれは少ないです。なぜその回数しか使わなかった、否、使えなかったかというと、自分で自分を信用できなかったからです。他の主力の皆さんと比べて劣る自分のこと、また他のチームの主力と自分が当たったらどうなるか、またそこで負けたらどうなるかと想像すると自分自身の起用に尻込みしてしまいました。結果、一度だけしか出場させられませんでした。自分個人の感情に流されただけです。いま思い返すと情けなくてたまりません。自分の心の弱さのせいでチームに迷惑をかけてしまったのならと考えると皆に申し訳が立ちません。こんなことになった原因は主将としての覚悟の薄さと自分の将棋の弱さだと思います。多くの主力が抜けるため、それを埋めるためにも私が選手としても主将としても成長しなければ山大の地位は危ういものとなるかもしれません。抜ける皆さんのためにも、これからも山大チームとして戦う人たちのためにも頑張らなくてはと思いました。
あと、オーダー決めや他の主将としての仕事などに関して皆さんに多くのアドバイスを賜りました。これが無かったら多分私は主将としての仕事を何もできていませんでした。敗北後も「主将は何も悪くない」という言葉を何回ももらいましたが、私は皆さんの意見を参考にしていただけな気がしてきて、逆に申し訳なくなってきてしまいました。チームメイトの全員に感謝しかありません。本当にありがとうございました。

八将 佐藤享徳 0-0
かつての秋大会では奮戦していたと聞きましたのでこの位置に置かせていただきました。オーダーの戦略の上でこのポジションにはそれなりの選手を置く必要がありましたから。都合上出場させることが出来ずすみません。次からは実力でポジションをもぎ取ってくれることを期待しています。あと、金田さんの玩具という公務お疲れ様でした。

九将 本間瑞生 4-0
強敵相手を含む4戦全勝は紛れもなくエースの成績です。この全勝を生かして優勝することができなかったのは残念ですが、強敵を破ったり、また個人戦でも結果を出すなど、私などからは文句のつけようがなり結果を見せてくれました。そして君は、主将含む周りが何かするまでもなく自分の力で道を切り開き成長を続けていくものと思います。これからの山大を引っ張っていくのはあなたです。本間君なくしてこれからの山大は恐らく成り立たないでしょう。エースとして、またチームの柱として本間君には期待しています。

十将 高橋憲童 3-1
体調が優れない中こき使ってしまってごめんなさい。でもけんどー無しで勝つなんて無理だったから許してください。正直君が主将をやるものだとばかりずっと思っていたので、僕に「主将をやってくれ」と言われたときは信じられませんでした。そのとも、またそれからも、僕よりもけんどーのほうが向いているんじゃないかと思えてなりませんでした。実際、大会前のけんどーのあらゆる言動、姿勢は僕からして見習うべき点が多々ありました。それこそ、見ていて自分が恥ずかしくなってくるくらいに。主将よりも山大のことをずっとずっと考えて、また頑張っていたように思えてなりません。そんな君を差し置いて主将をやっていることには申し訳なさを感じていたし、正直今も少し感じています。ですが、この決断にはきっと意味があると思います。けんどーは選手としていっそう磨きをかけ、僕が主将としても選手としても成長していくことで、この判断は正しかったと胸を張って言えるように、お互い頑張りましょう。
あともう一つだけ。僕はもう一度憲童と共に全国に行きたい。三年前の全国では不完全燃焼で終わった。今年の春は憲童を含む皆のおかげで全国には行けたけど、僕は将棋が弱かったせいでそのメンバーの輪の中に選手としていられなかった。僕はもう一度、憲童と共に全国に行きたい。そして今度は精一杯戦って納得できる結果を残したい。一緒に頑張ろう。

十一将 堀川貴広 2-1
とりあえず来てくれてありがとうございます。詳しくはよく知りませんが以前色々とあったらしいので、それに関して独りで勝手に気をもんでいましたが、杞憂でしたかね。堀川流の将棋は健在のようでひとまず安心しました。しっかりと自分の仕事をしてくれたと思います。主力級がたくさん抜けた今、あなたはレギュラーを十分に狙える位置にあると思います。ぜひ頑張っていただきたいですね。というか頑張ってくれないと少々困るので・・・(笑)。

十二将 沼田聖也 2不戦勝-0
あまり良いポジションには置けませんでしたが、最近着実に強くなっているように思います。チーム全体のためとなるとかなり尽力してくれて助かります。自分のことになると面倒くさがり屋になる癖をなんとかすれば遠くないうちにメンバー内でもある程度いい位置に食い込めると思っています。期待しています。あと、将棋ソフトとの付き合い方はお互いもう少し考えましょう。

十三将 太田康貴 2不戦勝-0
努力を積み重ねてどんどん強くなっているという話は聞いていました。思いがけず宮女戦でオープン参加的な形で対局することになりましたが、どうだったでしょうか。厳密には少し違いますが、一応団体戦で出場に近い体験となったはずです。チームメイトと並んで共に勝ちを目指すという雰囲気はどうだったでしょうか。観戦したのとあわせて、何かを感じとることができたでしょうか。どうなるのかよく分かりませんが、おいおい小白川組のメインメンバーの一人ということになるのですかね。山大囲碁将棋部の一員としても、将棋の選手としても大きくなることを期待しています。

十四将 青柳俊希 2不戦勝-0
オーダーの順番で察したでしょうが、これが今のあなたの部内の評価です。これを見てどんな気持ちになったのかまでは分かりませんが、恐らく面白くはないことでしょう。ですが私はあなたに見切りをつけたとか、そういうことは全くしていません。将棋に対する熱意自体は部員全体の中でも上の方だと思います。将棋の取り組み方を工夫すればもっとジャンプアップできる気がします。個人戦では実力者を破ってベスト16入りという結果もついてきましたし、薄くなった選手層を埋める存在となることを期待しています。

その他 堀内省悟
14人のメンバーに入れることが出来ずすみません。また、それなのに来てくれてありがとうございます。個人戦では敗者復活でベスト4まで残っていて驚きました。私の知らないうちに強くなっていたのですね。裏方の仕事もしてくれてありがとうございました。今年は大会への出現率も高く、やる気の高さがうかがえます。その調子で今後も頑張ってくださいね。
 
 

第40回県職場・団体対抗将棋大会山形・村山地区予選会のお知らせ

 投稿者:日将連山形支部 外島  投稿日:2017年10月 8日(日)22時06分51秒
編集済
  お世話になっております。
山形支部の外島です。

標記予選会について、
今回は下記の日時・会場で行いますので、お知らせいたします。

○日 時  平成29年11月3日(金・祝) 午前9時30分から受付  午前10時開会
○会 場  天童市民プラザ(パルテ) 3階
○参加費  1チーム4,500円 (1人1,500円)

※地区代表は4チーム。
 山形県大会は11月26日(日)に山形メディアタワーで行われます。

※参加申し込みは10月31日(火)までに、外島へお願いします。
 皆さんのご参加お待ちしています。
 

6位おめでとう

 投稿者:OB 福原  投稿日:2017年 9月15日(金)09時07分14秒
  富士通杯にて10チーム中6位 おめでとうございます。立派だと思います。東北大学に並んだ事は大きいです。部員の皆さんの一生懸命やった姿が想像できました。

次は連覇ですね。秋にも大会はあるかと思いまうので、春・秋連覇をして実力を証明してください。もちろん6位で満足してはいけませんが、6位も立派です。まずはおめでとうございます!
そして次も東北で優勝してください! また応援にいきます
 

選手へ一言

 投稿者:主将 佐藤  投稿日:2017年 9月14日(木)16時55分16秒
  大将 小野寺 周平 1-2
強敵ばかりとの対戦でしたが、名城戦での有言実行は今でも忘れません。本当に素晴らしい活躍でした。

副将 木村 友一郎 3-3
初日は大丈夫かなと思ったけど、最終日は3連勝と木村の勝負強さが見られた、ありがとう

三将 本間 瑞生 5-4
山大で唯一勝ち越したのは流石だった、これからの山大を支える選手になると思うけど期待しているよ、あと、酒の飲み方に注意な(笑)

四将 高橋 憲童 2-3
今回の大会でケンドーの勝利への執念が見えた。山大の中心になっていくと思うけどこれからも貪欲に勝利を勝ち取れるように頑張ってくれ

五将 土屋 辰徳 3-6
大会ではあまり調子がよくはありませんでしたが、しっかりと勝ってもらいたい時に勝ちをつかみチームを勝利へ導いた姿は素晴らしかったです。本当にありがとうございました。

六将 金田 亘平 1.5-2.5
強敵へ一発入れたり、引き分けに持ち込んだりと直接チームの勝利には結びつきませんでしたが、その姿には目を張るものがありました。ありがとうございました。

七将 成田 弥穂 2-6
初戦ではみんなが緊張する中、強敵を倒しチームに貢献していただきました。後半は失速したものの粘り強く指し続けた姿は忘れません。本当にお疲れさまでした。

八将 捧 博人 0-1
あまり出場させられずに申し訳ございません。しかしながら、チームのムードメーカーとして捧さんは欠かせない存在だと思ってました。ありがとうございました。


 

富士通杯結果

 投稿者:主将 佐藤  投稿日:2017年 9月14日(木)15時32分31秒
   このたび山形大学は富士通杯にて10チーム中6位という結果でした。私個人としては去年の東北大学が6位だったため5位以上を目指していましたが、全国はそこまで甘くはありませんでした。しかしながら、初出場で6位という結果を残せたことにうれしくもあります。選手の方々、応援に来てくださった方々、応援してくれた方々、本当にありがとうございました。  

第54回赤旗名人戦内陸地区予選会について

 投稿者:日将連山形支部 外島  投稿日:2017年 8月13日(日)13時09分59秒
編集済
  今回の標記予選会、将棋については、下記の日程・会場で行います。

●日 時  平成29年9月3日(日) 午前9時30分から受付  午前10時開会
●会 場  日本共産党山形県委員会事務所(山形市深町1丁目1-45)
●参加費  1,500円(参加賞・昼食付 高校生以下は学割あり)

※地区代表は6名です。
※山形県大会は10月15日(日)内陸地区予選会と同じ会場で行います。

なお、鶴岡地区・酒田地区の予選会、また囲碁の地区予選会については、
日本共産党山形県委員会事務所(023-644-1212)へお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。
 

合宿に参加されるOBの方々へ

 投稿者:堀内  投稿日:2017年 8月 1日(火)11時22分57秒
  こちらで確認したところ、合宿参加に関するメールが受信出来ていなかったようです。
既にメールを送られた方は、申し訳有りませんがもう一度メールの送信をお願いします。
 

第41回花笠将棋大会のご案内

 投稿者:日将連山形支部 外島  投稿日:2017年 7月 8日(土)17時40分40秒
  今年も開催します、花笠将棋大会。
皆様のご参加お待ちしております。

●日 時  平成29年8月6日(日) 午前9時15分~受付  午前10時開会

●会 場  山形市霞城公民館 2階研修室

●参加費  一般(中学生以上)1,500円  小学生1,000円  ※昼食・参加賞付き

●部 門
 ・Aクラス(有段者及び希望者) ・Bクラス(無段者) ・小学生中級クラス(3級~6級)  ・小学生初級クラス(7級以下)


※お問い合わせは山形支部教室(023)624-3562まで。(但し、日曜日・月曜日は休館です)
 

2017将棋部合宿について

 投稿者:現部長 堀内  投稿日:2017年 6月25日(日)21時07分16秒
  今年の合宿の参加者を募集しています!!

日程 9月16日(土)~9月18日(月)

場所 Asahi自然観

参加費 1万円~1万5千円程度

参加費その他詳しいことは、決まり次第随時掲示板でお知らせします。

参加したい方はこの掲示板に書いていただくか、

「hori-hori-s-1228@i.softbank.jp」までメールを下さい。
 

各選手に一言

 投稿者:佐藤  投稿日:2017年 5月 6日(土)19時22分59秒
  春大会へ出た選手に一言

大将 比留間 啓太 0-0
2日目はトラブルがあり参加できませんでしたが、優勝という報告ができ良かったと思います。また、新歓の時に会いましょう。

副将 木村 友一郎 4-1
さすがエース、信じてた。木村がいたからこのオーダーが組めたと思っています。感謝

三将 小野寺 周平 1-0
1局しか出せず申し訳ありませんでした。ただ小野寺さんという存在が対東北戦にて大きな影響をもたらし、優勝に結びついたと思います。

四将 本間 瑞生  4-0
今回の大会で当たった人を見ても決して楽な当たりではなかったはず。にも関わらずこの結果はすごいの一言に尽きる。今回の大会のMVPだね

五将 高橋 憲童  3-0
まさか1戦目勝つとは思わなかった。そんなに一芸が嫌だったのか...ともあれケンドーの活躍があったから作戦を実行できたということを忘れないでくれ

六将 佐藤 晃一  0-0
対東北戦のオーダーがはまってよかった。早くレポートやりなさい

七将 土屋 辰徳  4-1
将棋を見ても何を見ても団体戦にかける強い思いが伝わりました。全国という舞台は初めてなのでいろいろお聞きするとは思いますが、そのときはよろしくお願いします。

八将 金田 亘平  1-1
ここの位置にだれを入れるかとなったとき、まず金田さんだなと思いました。チームのために将棋を指す姿は本当に素晴らしかったです。

九将 成田 弥穂  3-1
各大学のポイントゲッターとの連戦だったと思いますが、しっかりとした指しまわしは見習うべきものだと思いました。お忙しい中本当にありがとうございました。

十将 捧 博人   1-0
1局しか出せず申し訳ありませんでした。しかし、一緒にゴーゴーカレーでカツカレーを食べたこともあり、その効果もあって優勝でいたのかもしれませんね。

 

レンタル掲示板
/62