teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


スクールクラスター事業演会

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2014年10月26日(日)21時47分56秒
返信・引用
  平成26年度文部科学省「インクルーシブ教育システム構築モデル地域事業
(スクールクラスター)」

スクールクラスター事業演会
「障害者の権利条約と合理的配慮」

平成26年11月3日(祝・月)10時~16時30分
鹿児島大学教育学部第一講義棟101号(郡元キャンパス)
9:30 受付開始
10:00 開会のあいさつ・事業説明
10:20-12:00 講演『障害者の権利条約と合理的配慮
   ~すべての子どもたちがよりよく学べる社会へ~』
   玉村公二彦氏(奈良教育大学教授)

昼食休憩(午後の部12:30受付開始)

シンポジウム『すべての子どもたちの学びのために~通級による指導について考える~』
報告者:小野はぎ氏(奈良教育大学附属小学校教諭)
(予定)福田雅紀氏 鹿児島県教育委員会義務教育課特別支援教育係長)
    西育子氏(鹿児島県立牧之原養護学校教諭・元国分西小学校通級指導教室)
指定討論者:玉村公二彦氏(奈良教育大学教授)
      吉田ゆり氏(長崎大学敦青学部教授)
16:20 閉会のあいさつ
*都合により報告者等に変更がある場合があります。
問争せ先:鹿児島大学教育学部障害児教育学科事務室
    電話・FAX:099-285-7768
主催:鹿児島大学教育学部
後援:鹿児島県教育委員会(申請中)・鹿児島市教育委員会(申請中)

**************
吉田先生、元気にしているかな。

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 
 

講演会

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2014年10月12日(日)10時00分10秒
返信・引用
  発達障害児支援講演会 および ミニ・ワークショプ

鹿児島ロータリークラブ、鹿児島大学教育学部 共催

日時 平成26年11月2日 (10:00~15:00)
場所 鹿児島大学教育学部 第1講義棟101号

午前の部 10:30
「地域に根ざす支援システムの構想の手がかり」
 講師 肥後祥治 先生

午後 ミニ・ワークショプ 13:30
 「支援するコミュニケーションづくりを実践に学ぶ」
  今村三奈子 下田裕輝 有村玲香

無料

案内用紙 殿父blogより
http://pochi.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=20269607&i=201410/08/72/a0020772_21054662.jpg

講演詳細
http://pochi.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=20269607&i=201410/08/72/a0020772_21062219.jpg

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

講演会

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2014年 9月29日(月)21時40分45秒
返信・引用
  講演会「子どもがのびのび暮らせる生活サポート」鹿児島市

保育・学校・家庭で"気になる子"の理解とかかわり

2014年10月18日(土)
【第1部】10:00~12:30 【第2部】13:30~16:00

鹿児島市勤労者交流センター (JR鹿児島中央駅前・キャンセ7・8階)

講師
安倍 陽子 さん
横浜市東部地域療育センター 臨床心理士

参加費
2,000円(第1部・第2部は各1,500円)

プログラム

10:00~12:30
「"気になる子"の生活力向上のためのポイント 」
子どもの理解をもとにした、生活力の向上のためのポイントを具体的に

13:30~16:00
「のびのび暮らせる生活サポートの方法」
第1部に引き続いて生活力の向上や、コミュニケーション、社会性の力を身につけるためのヒントを

チラシ

http://www.asahi-welfare.or.jp/news/pdf/20141018.pdf

申し込み

https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mjrb-qjmbl-1fa35f3c0927ac9590a7d85b821a783b

朝日新聞厚生文化事業団
「子どもがのびのび」係
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
TEL:03-5540-7446  FAX:03-5565-1643
Email:autism@asahi-welfare.or.jp

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

つぼみ夏キャンプ日程変更

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2014年 8月 7日(木)21時37分11秒
返信・引用
  つぼみ夏キャンプ日程変更

台風11号のため、つぼみ学級の夏キャンプを変更する事になりました。
9日初日を10日初日に変更して、12日に終了します。

私も初日参加します。
学習会等は変更未定です。

ともかく、憎らしい、台風です。
久しぶり来て、一番来て欲しくない時に来るなんて、、、

今回、いろいろな台風の進路予想のサイトを見ました。
台風のスピードが一番速いのが、米軍のサイトでした。
日本の気象庁は無難な線で示しています。
進路予想の出所は一緒と思っていましたが、いろいろと小さい所で異なっていました。
各サイトでシミュレーターを持っている様です。

台風11号には米国並みに「ハーロン」という名がついていました。
13号は「ジェヌヴィーヴ」です。フランス語に近い名前ですね。

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

自閉症関連講演会 鹿児島

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2014年 6月29日(日)18時26分58秒
返信・引用
  自閉症関連講演会

障害の特性に合わせて自閉症スペクトラムのひとたちの対人関係スキルを育てる

http://www6.ocn.ne.jp/~tubomi/kouen.html

平成26年7月28日(月)
鹿児島市勤労者交流センター多目的ホール
(鹿児島中央駅前ダイエー、キャンセビル8階)

講演会専用 電話番号:099-210-5202 平日10時~16時

■午前の部
「障害の特性に合わせて対人関係スキルを育てる」
  ゆっくり育つひとたちが地域で暮らすための基礎作り
9:50 受付/10:20~12:00
一般 1500円、賛助 1000円、正会員無料
当日受付でお支払ください。

■午後の部
「障害の特性に合わせて対人関係スキルを育てる」
 高機能の自閉症スペクトラムのひとたちへの支援
12:30 受付/13:00~14:40
一般 1500円、賛助 1000円、正会員無料
当日受付でお支払ください。

講師紹介:野間康美氏(臨床発達心理士)

NPO法人それいゆ佐賀地域支援センターディレクター 佐賀発達障害者地域拠点整備事業担当 福岡教育大学大学院教育学研究科障害児教育専攻修了 早期発見早期療育から成人支援までに関わる 翻訳「タスクガロア1-自立課題編-」、「タスクガロア2-自立生活編-」、「タスクガロア3-集団活動編-」(ローリー・エッケンロード他著 服巻智子監訳)など

申込

● 定員200名に達した場合のみご連絡致します。お子様のご入場はお断りしております。

● 申込はFAX 099-272-3807(24時間対応)または、E-mail akst237s5@yahoo.co.jpへ、以下の内容をお送りください。締切は7月21日。
 お名前(カタカナ)
 お立場1(正会員・賛助会員・一般)
 お立場2(ご家族・教育関係者・福祉関係者・当事者・その他)
 ご希望時間帯(午前の部・午後の部)
 必ず連絡のつく電話番号

主催 NPO法人鹿児島県自閉症協会

************
チラシです。
http://homepage2.nifty.com/airpapa/noma_kouen.pdf

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

平成26年度 NPO法人陽だまり 研修会 日程一覧 霧島市

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2014年 5月27日(火)20時41分50秒
返信・引用
  平成26年度 NPO法人陽だまり 研修会 日程一覧 霧島市

水野氏セミナー(基礎講座、ワークショップ付の実践的な研修です)

地域啓発セミナー(村岡氏)

6月から来年2月まで

http://homepage2.nifty.com/airpapa/2014kensyu.pdf

※講師により参加費が異なります。ご了承ください。(講師:水野氏の場合は講義の内容、参加定員により決定、村岡の場合は無料)
※参加対象者は、保護者、保健師、幼保関係者、教育関係者、福祉関係者、行政関係者、一般の方など、どなたこでもご参加ください。
※お問い合わせはTEL/FAX  0995-46-6247 Email: npo.hidamari.ko_j@gamil.comへご連結ください。

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

霧島市こども発達サポートセンター (あゆみ)

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2014年 5月 2日(金)21時22分24秒
返信・引用
  霧島市こども発達サポートセンター (あゆみ)

http://www.city-kirishima.jp/modules/page021/index.php?id=164

霧島市では、「このまちで子育てをしたい」と思えるようなまちづくり、子どもたちが健やかに育つ環境づくりに取り組んでいます。
 発達に不安のあるお子さんの支援を行う拠点施設として、平成24年4月1日にこども発達サポートセンターを設立しました。

発達に関する学習会
発達障がい等に関する正しい理解と対応方法について学ぶ機会です。

平成26年度版が出来ています。
そろそろ、公開されると思います。
今回は7回シリーズです。
6月6日~10月20日の間
定員 先着70名 託児もOKです。

GW明けには公開されると思います。
しばらくお待ちください。

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

えじそんくらぶ 高山恵子氏 講演会

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2014年 4月28日(月)21時07分58秒
返信・引用
  えじそんくらぶ  高山恵子氏 講演会

知ってたら楽になる
「いい集団、いい家族、いい接し方のための 6つのポイント」

平成26年6月21日(土)
鹿児島市勤労者交流センター多目的ホール
(鹿児島中央駅前ダイエー、キヤンセビル8階)
講演会専用電話℡099-210-5202
   (平目10時~17時)

午前の部 「幼児・学童期編」
9‥30受付開始    10:00~12‥10(途中休憩有)
一般1000円、賛助500円、 正会員無料
当日受付でお支払ください。

午後の部 「思春期・成年期編」
13:00受付開始   13:20~15:30(途中休憩有)
一般1000円、賛助500円、 正会員無料

● 定員(200人)に達した場合のみご連絡致します。
● お子様のご入場はお断りしております。託児は正会員のみ行っております。ご入会につきましては
 鹿児島県自閉症協会ホームページをご覧下さい。
● 申込はFAXO99-272-3807(24時間対応)
またはE-mail   akst237s5@yahoo.co.jpへ
 以下の内容をお送りください。締切は6月16日。
お名前 カタカナ
お立場1  正会員  賛助会員  一般
お立場2  ご家族  教育関係者  福祉関係者  当事者  その他
ご希望時間帯   午前の部      午後の部
必ず連絡のつく電話番号

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

明石洋子先生 自閉症啓発講演会のお知らせ 霧島市 陽だまり

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2014年 1月17日(金)20時50分35秒
返信・引用
  明石洋子先生 自閉症啓発講演会のお知らせ 霧島市 陽だまり

「後輩達に伝えたい子育ての心構えと工夫
        ~自閉症の息子と共に~」

講師:明石洋子氏

日時:平成26年4月5日(土)
受付:13:00~ 開演13:30~16:30
会場:霧島市多目的ホール
   0995-64-0920
定員:先着250名
参加費:500円
託児:なし

主催 NPO 陽だまり

案内チラシです。
http://homepage2.nifty.com/airpapa/akashi_hidamari.pdf

************
久しぶりに明石先生が来ます。
前回も同じ場所で2010年8月1日でした。
その前は2008年11月に鹿児島市内でした。
今回は徹之さんは来られないそうです。

子供達がお世話になっている「陽だまり」さんです。
500円とは安い価格にしましたね。
国分駅から歩いて5分程度です。
駐車場も大きいので、気楽に来て欲しいです。

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

わくわく音楽ふれあいイベント

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 9月15日(日)21時21分9秒
返信・引用
  わくわく音楽ふれあいイベント

本日はつぼみ学級運動会でした。

親は参加しません。
学生さんは、高校時代の体操服を持参して、子供達と運動会をしたそうです。

親は久しぶりに会合でした。
講演会ばかりしているので、話し合う機会が最近ほとんどありません。

配布された資料の中に
第2回 わくわく音楽ふれあいイベントのパンフレットがありました。

平成25年9月29日(日曜日) 13:30~15:30
ハートピア鹿児島
無料

対象:障がい児者 またはその家族

NPO法人 薩摩ROCK・CLUB

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

NHKハートフォーラム

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 8月28日(水)21時08分7秒
返信・引用 編集済
  NHKハートフォーラム

「発達障害のある人の就労について」

精神知的発達障がい者は、就労の意志があっても、一般企業での就職はまだまだ厳しい現状があります。今、企業や地方自治体、民間の支援者が連携して、こうした人達の就労を支援する動きが生まれつつあります。精神知的発達障がい者の鹿児島における雇用の現状を考えていきます。

日時 平成25年10月5日(土)13時~16時半
会場 鹿児島県勤労者交流センター多目的ホール
   鹿児島市中央町10番地 キヤンセビル8階 ℡099-285-0003

◆基調講演(13:05~14:25)
  「大人になるまでに考えておきたいこと
        :知的障害・自閉症を抱える場合には」
 講師 独立行政法人 平岩 幹男先生

◆パネルデイスカツション(14:40~16:25)
 「精神知的発達障がい者雇用企業の最前線」
  パネリスト  古川  拡 氏 (有)コセンファーム代表取締役
         川畑 善博 氏 (株)ラグーナ出版代表取締役精神保健福祉士
         濵田 マリ子氏 生活協同組合コープかごしま、雇用促進担当
 コーディネーター前野 明子 氏 臨床心理士 精神保健福祉士

主催
NHK厚生文化事業団九州支局、NHK鹿児島放送局、鹿児島県自閉症協会

無料(定員 先着300人)
保育は準備致しませんのでこ了承ください。
駐車場は使用できませんので、公共交通機関でお越しください。
事前申込みが必要です。
〈申込〉FAXまたはハガキで①郵便番号・住所②名前(ふりがな)③電話番弓④FAX番号を記入のうえ、お申込みください。申込が2人以上になる場合は、参加者全員の名前を記入して下さい。
〈申込先〉〒810-8577福岡市中央区六本松1-ト10
 NHK厚生文化事業団 九州支局フォーラム係 TEL092-731-5150 FAX092-731-5166
〈締切〉定員になり次第締切らせていただきます。
   ※参加者には、追って入場整理券をお送りします。
   ※個人情報は適正に管理し、このフォーラムの連絡のみに利用します。
く問い合わせ先〉NHK厚生文化事業団九州支局
  電話(092)731-5150(平日 午前10時~午後5時)

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

よこはま発達クリニック宇野洋太先生講演会 鹿児島 霧島

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 7月25日(木)21時20分7秒
返信・引用
  よこはま発達クリニック宇野洋太先生講演会

自閉症スペクトラムの支援
~認知スタイルから考える~

よこはま発達クリニックでの豊富な実践例を元に、自閉症スペクトラム児者の特性を活かすポイント。
そのために支援者、学校、親ができることを幅広いテーマについてお話いただきます。

日時:平成25年8月10日(土)
13:00~受付 13:30~講演 15:30 閉会

場所:霧島自然ふれあいセンター(大研修室)
霧島市牧園町高千穂3617-1
     電話 0995-78-2815

参加費: 無 料  定員:80名

締切り:7月31日(水)まで
FAXまたはE-mailにてお申し込みください。
詳細 申し込み用紙
http://www6.ocn.ne.jp/~tubomi/pdf/2013sck.pdf

なお、定員になり次第締め切らせていただきます。
Fax  099-250-7631
 E-mail qqzc4cz9k@crux.ocn.ne.jp

NPO法人鹿児島県自閉症協会主催

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

ゲーリー・メジボフ 講演会 鹿児島

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 6月30日(日)10時19分17秒
返信・引用
  パンフレットのファイルです。

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

瀬戸口先生講演会

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 6月30日(日)10時13分41秒
返信・引用
  発達障害についての公開学習会2013のお知らせ
 鹿児島

名寄市立大学教授 瀬戸口裕二 先生講演会

■「子どものつまずきを支えるために」
日時 平成25年8月22日(木)10:00受付開始,10:30開演,12:00終了
場所 ハートピアかこしま鹿児島市小野一丁目1-1 099(246)1616
    駐車場は障害者優先の為,公共交通機関のご利用を。
参加費 一般1OOO円 賛助500円(当日、交付にて細めください)正会員無料。託児無

■「子どもの活動を引き出し、尊重する支援」
      支援の仕方・教材・教具の工夫による、育児や授業の改善
日時 平成25年8月22日(木)12:30受付開始,13:00開演,14:30終了
場所 ハートピアかごしま鹿児島市小野一丁目1-1  099(246)1616
     駐車場は障害者優先の為、公共交通機関のご利用を。
参加費 一般1OOO円 賛助500円(当日、交付にて細めください)正会員無料。託児無
     お子様のご入場はお断りしております。

主催:NPO法人鹿児島県自閉症協会
同い合せ先 099-210-5202(平日9:00~17:00自閉症協会講演会担当)
申し込み方法
お名前,連絡先(電話番号,FAX番号)、希望時間をFaxでご連絡ください。
 Fax O99-272-3807(24時間対応)定員となり次第締め切ります。
定員に達した場合のみ、ご連絡いたします。
当日会場が計画停電実施の場合は、中止です。
ご不明な場合は前日会場へお問い合わせください。
締切8月15日(木)先着100名

      ファックス申込書
お名前 カタカナ(            )連絡がつく電話番号(     )
お立場 正会員・本人・家族・支援者・医療・教育・行政・その他(    )
 参加希望時間帯に丸をお付け下さい。  午前   午後

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

つほみ学級

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 6月29日(土)21時02分27秒
返信・引用
  今日はつほみ学級でした。
服巻先生の講演会も朝からあったので、
子供達は午前中は科学館、午後は鹿児島大学の体育館でした。
子供達は学校に行くより早い時間に家を出発でした。
ママは講演会の受付なので、会場で下して、3人で科学館へ。
科学館はいろんな方が来るし、(問題発生対応)
私も展示物等が新しくなったので、
午前中は科学館にいました。
桜島の大正3年の大爆発から100年が経ちました。
そのコーナーがかなり広く取ってありました。
でかい模型もあり、北岳、中岳、南岳、昭和火口がくっきりです。
宇宙のコーナーでは、
冥王星が惑星群から消えていました。
いろいろと楽しんでいたらもうお昼。
鹿児島大学への移動のお手伝いをしていたら、2時を過ぎてしまった。
先生の講演にはあと20分ぐらいで到着。
ほとんど聞いてません。

でもホットニュースとして、
私が毎週録画している、Eテレ「サイエンスZERO」
に Early Start Denver Model (ESDM) の内容が放送されるそうです。
何か結びつかないのですが、まあいいや。
服巻先生周辺が取材中だそうです。
7月か8月と言っていました。
ESDMは早期療育の話です。
参考までに。
http://www.autismspeaks.org/what-autism/treatment/early-start-denver-model-esdm

アルファの作品を載せます。

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

ゲーリー・メジボフ 講演会 鹿児島

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 6月25日(火)20時55分54秒
返信・引用
  「自閉症を正しく理解するということ」~自閉症の支援で最も大切なこと~(鹿児島)
朝日新聞厚生文化事業団
http://www.asahi-welfare.or.jp/archives/2013/05/post-23.html

「自閉症」とその支援を正しく理解するための講演会

自閉症の人たちに適切な支援をするために必要なこと。言うまでもなく、それは「自閉症の人たちを正しく理解すること」です。いま世界で最も認められ、実践されている自閉症の人たちへの支援モデルであるTEACCHプログラムを今日の世界規格に育て上げた米国ノースカロライナ大学のゲーリー・メジボフ教授による、自閉症を正しく理解し、適切な支援をするための「世界で最も分かりやすい講演会」です。

講師
ゲーリー・メジボフ(米国ノースカロライナ大学教授 TEACCH部元部長)

参加費  3,000円

とき  8月27日(火) 10時~16時15分

ところ  みなみホール(鹿児島市与次郎1丁目9-33)

定員 300人

プログラム
9:30 受付
10:00~12:00 「自閉症の人たちの学習スタイル~正しく理解する」
13:00~14:30 「構造化された指導~自閉症の学習スタイルに合わせた支援」
14:45~16:15 「自閉症の支援で最も大切なこと~TEACCHプログラムのコアバリュー」

講師プロフィール
ゲーリー・メジボフ/米国ノースカロライナ大学TEACCH部元部長自閉症の人たちの教育、福祉、行政サービスや研究など、あらゆる分野にわたる先駆的なアプローチによって高い評価を得ている米国ノースカロライナ州のTEACCHプログラムの総責任を長年担い、同プログラムを世界的なプログラムに育て上げた最大の功労者です。
TEACCHプログラムでは、自閉症の人たちのバリアフリーを進めるためには、その自閉症の人たちの障害を正しく理解することが最も重要であるとし、その上で彼らに最も適した教育の方法やコミュニケーションの支援、社会的なサポートのあり方といったトータルな支援を追及し続け、実践を広げています。
申し込み方法

FAX、Eメール、ハガキのいずれかで、
(1)氏名 (2)〒・ご住所 (3)TEL・FAX番号 (4)ご職業 (5)会場名(鹿児島会場)を明記の上、下記申し込み先までお申し込みください。
※FAX、Eメール、ハガキで申し込まれた方には、お申し込み後、10日以内に予約確認書兼請求のご案内をお送りします。ご案内に記載の期日までに参加費をご入金ください。
※「お申込みフォーム」から申し込まれた方には、予約確認と参加費のお支払い方法のご案内をメールでお送りします。
※10日を過ぎても請求書がお手元に届かない場合はお手数ですが下記申し込み先までご一報頂けますようお願い致します。

お申し込み
近畿日本ツーリスト(株)
トラベルサービスセンター東日本 「鹿児島講演会」係
〒130-0022 東京都墨田区江東橋3-4-2
FAX 03-6730-3230 TEL 0570-064-205
営業時間(月)~(金) 10:00~17:00 ※土・日・祝休み
Eメール tourdesk22@or.knt.co.jp

お申し込みフォーム
※ご入力いただいた内容は申し込み事務局の近畿日本ツーリスト(株)トラベルサービスセンターに転送します

会場へのアクセス
JR鹿児島中央駅から
1.バス
・「鹿児島交通」32-1番線 天保山・与次郎経由鴨池港行き(9時ごろから17時ごろまで)、23-1/32-2番線 天保山・与次郎経由県庁前行き(朝のみ)「市民文化ホール北口」下車、徒歩約1分
・「市営バス」27番線バス 鴨池港行き 「市民文化ホール北口」下車、徒歩約1分
2.タクシーで15分程度

主催
鹿児島県自閉症協会、朝日新聞厚生文化事業団

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

服巻智子先生 発達障害講演会

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 5月30日(木)21時11分2秒
返信・引用
  服巻智子先生 発達障害講演会

http://www6.ocn.ne.jp/~tubomi/kouen.html

日時  平成25年6月29日(土)
場所
鹿児島市勤労者交流センター多目的ホール(よかセンター)
鹿児島市中央町10番キャンセ8階
099-285-0003

第1部「高機能発達障害の方への支援のヒント」
高機能の子どもの育て方。大人になってからの対応の仕方など。
支援のヒント満載。
時 間  9:30~ 受付
10:00~12:10(休憩10分含)
参加費
一般:1,500円
賛助会員:1,000円
正会員:無料

第2部「知的障害を伴っている方のための支援のヒント」
どんな大人になってほしいか。そのために支援者、保護者ができること。
時 間 12:40~ 受付
13:10~15:20(10分休憩含)
参加費
一般:1,500円
賛助会員:1,000円
正会員:無料
※事前振込です

主催
NPO法人鹿児島県自閉症協会主催

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

霧島で自閉症教育・支援フレームワークの基礎セミナー

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 5月28日(火)20時48分31秒
返信・引用
  霧島で自閉症教育・支援フレームワークの基礎セミナー
水野先生のブログより

http://blog.goo.ne.jp/bouzan0807/e/3baae4744d9de87b458165ba31fb62f0

 6月1~2日の2日間鹿児島・霧島で自閉症教育・支援フレームワークの基礎セミナーを開催します。
主な内容は、1日目に「自閉症スペクトラムの特性と支援」、2日目に「アセスメントから自立までのプロセスについて」になっています。どちらも教育・支援の現場、家庭で応用できる内容になっています。もちろん鹿児島県外からも大歓迎です。是非、ご参加ください。
パンフレット
http://www14.ocn.ne.jp/~bouzan70/20130601kirisimaannai.pdf

陽だまりさん
載せるのを忘れていました。
ごめんなさい

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

「世界自閉症啓発デー」 鹿児島

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 3月31日(日)16時58分22秒
返信・引用
  4月2日(火)は、国連の定めた「世界自閉症啓発デー」です。

鹿児島でも若干ながら、ブルーライトアップとリーフレット配布が行われますので、
ご案内申し上げます。

◆鹿児島市内
①鹿児島中央駅前でのリーフレット配布
 時間:7:30~8:30
 配布協力:県こども総合療育センター職員、鹿児島自閉症協会会員

②鹿児島中央駅観覧車「アミュラン」ブルーライトアップ点灯
 時間:18:00~23:00
 協力:鹿児島ターミナルビル株式会社、鹿児島県

◆霧島市内
①国分駅前でのリーフレット配布
 時間:7:00~8:30頃まで
 配布協力:国分ローターアクトクラブ、鹿児島自閉症協会会員
②国分城山展望台のブルーライトアップ点灯
 時間:日没より22:00まで
 協力:きりしまPPP株式会社、霧島市
③ホテル京セラの窓文字「自閉DAY」表示
 時間:4月2日終日
 協力:ホテル京セラ
④国分パークプラザのブルーライトアップ点灯
 時間:現時点よりライトアップ中
 協力:霧島商工会議所

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

障害支援区分についての厚労省協議報告(日本自閉症協会)

 投稿者:ひこーきパパ  投稿日:2013年 3月25日(月)20時56分8秒
返信・引用
  障害支援区分についての厚労省協議報告(日本自閉症協会)

http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/ddif.doc
ダウンロードになります。

社団法人日本自閉症協会

障害支援区分についての厚労省協議報告

(社)日本自閉症協会では、平成26年4月の「障害程度区分」から「障害支援区分」への移行について、厚生労働省障害程度区分係と協議を重ねております。このたび同係より、2月26日の障害保健福祉関係主管課長会議の障害支援区分に関する資料を踏まえて以下のように説明がありましたのでご報告申し上げます。調査項目や評価方法についてなど、いままでに当協会から申し入れた内容はほぼ受け入れられたものと思われますが、今後引き続き協議を行う予定でおりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

*****続きあり。

http://homepage2.nifty.com/airpapa/

 

レンタル掲示板
/41